3Dプリンターの基礎知識

価格と性能

造形方法の特許切れが相次ぎ3Dプリンターの低価格化が進んできています。


今まで、工業中心に発展してきた3Dプリンターですが、
一般家庭を始め、中小企業など様々な分野向けのプリンターを販売が加速してきています。


発売当初は、企業向けに作られた大きな機械で価格も億単位でした。
今では、かなり価格が下がり数十万円から数万円のものも出てきています。


価格が下がるとともに外寸・重量もコンパクト化させ、
一般家庭でも安全で使いやすいように改良・性能向上など、各メーカーの競争は激しくなる一方です。


私達、一般消費者側からすると価格が下がり、安全性や性能が向上されることは嬉しい事ですよね。


安くなってきたとはいえ、数十万円から数万円とかなり価格差があります。
その差は、3Dプリンターの造形方法にあります。


市販されている3Dプリンターは熱溶解積層法光造形方式の2種類が現在の主流です。


この2つの造形方法の大きな差は解像度
熱溶解積層法の解像度の平均は0.3㎜から0.1㎜
光造形方式の解像度は0.05㎜から0.025㎜と、造形物のきめ細かさに差が出てきます。

光造形法式よりも、熱溶解積層法の3Dプリンターのほうが低価格で販売されています。

光造形方式のプリンターもどんどん価格が下がってきていて、5万円台の機種が販売予定と価格競争は続きそうです。


現時点での、最安値M3D製の「The Micro(ザ マイクロ)」
価格は日本円で約2万円(199ドル)から約3万円(299ドル)(国内では未発売)


造形方法は、熱溶解積層(FDM)方式で、
素材はABS樹脂・PLA樹脂 (専用のマイクロフィラメントスプール以外にも、1.75㎜のフィラメントも使用可能)
本体サイズも18.5×18.5×18.5cm・重量も約1㎏と軽く、積層ピッチは50から350マイクロメートル。
一般家庭向け・初めての1台に最適な3Dプリンターです。


関連記事


3Dプリンターの仕組み

パーソナル向け ローエンドモデル


<<<前の記事【3Dプリンターの歴史】


次の記事【3Dスキャナ】へ>>>